2017年9月18日月曜日

11月定期開催コース受講生募集



*心肺蘇生法に興味のある皆さま*
  毎月行っております、AHA(アメリカ心臓協会)認定BLS(一次救命処置)プロバイダーコース受講生募集のお知らせです。

 公募ですので、一般の方から医療に携わっている方まで、年齢、性別、職種を問わず受講可能です。
 これまで、60代のシニアの方から中学生まで、多くの一般の方が受講されアメリカ心臓協会が発行する国際ライセンスを取得しました。

 心肺蘇生法に興味がある方、救命処置の国際コースで本気の心肺蘇生法を学んでみませんか?

●10月コース開催日
2017年11月12日

●ところ:川崎幸病院(JR川崎駅より徒歩約10分)

●受講料:10,000円(ライセンス発行込)

※ライセンスの更新を希望される方へ
 当団体で以前ライセンスを取得している場合は、受講料は8,000円となります。他団体でライセンスを取得しての更新は10,000円となります。

●持ち物:
  ①筆記用具
  ②受講料
  ③BLSヘルスケアプロバイダー受講者マニュアルAHAガイドライン2015遵守
 (当コース会場でも4200円にて購入可能ですが、数に限りがございますのでご注意ください)
  ④ポケットマスク

 定員:6名予定
 ご応募締め切り:定員になり次第あるいは開催日近日となりましたら

その他詳細は各種申し込みをご覧ください。

(kangarookids2525@yahoo.co.jpへお申し込みメール送信後、一週間以上返信がない場合は、お手数ではありますが再度ご連絡いただくか、kangaroobls2014@gmail.comまでご連絡ください。)

2017年9月10日日曜日

9月BLSコース

9月のAHA認定BLSプロバイダーの定期開催コースは10日に行われました。
今回はライセンス更新を目的とした参加者さんが多数いました。
医療従事者だけでなく、なんと一般市民の方もライセンス更新にお越しになられました!
一般市民向けのコースが始まって、なんともう2年なんですね。
これも川崎市民の方々のおかげですね。




















皆さん熱心に受講され、全員合格!
皆さん、本当にお疲れさまでした。

2017年9月5日火曜日

中学校でのBLS講座

川崎市内にある井田中学校の先生方40名を対象に、BLS講座を開催しました。
皆さん、とても真剣にメモを取ったりしながら受講され、積極的な質問が飛び交いました。
「150J(電気ショックで送られる電気の量)は何アンペアですか?」といった質問もあったようで、インストラクターはとても驚きました。
さすが先生方です!
生徒を守るために、とても熱心に取り組まれました。




















今後は川崎市内の高校で生徒向けに心肺蘇生の講演が正式な授業としてスタートする予定だそうです。

心肺蘇生法の活動が身近に、活発になることで、蘇生率・社会復帰率が向上しますように!

2017年8月14日月曜日

10月のBLSヘルスケアプロバイダーコース受講者募集案内



*心肺蘇生法に興味のある皆さま*
  毎月行っております、AHA(アメリカ心臓協会)認定BLS(一次救命処置)プロバイダーコース受講生募集のお知らせです。

 公募ですので、一般の方から医療に携わっている方まで、年齢、性別、職種を問わず受講可能です。
 これまで、60代のシニアの方から中学生まで、多くの一般の方が受講されアメリカ心臓協会が発行する国際ライセンスを取得しました。

 心肺蘇生法に興味がある方、救命処置の国際コースで本気の心肺蘇生法を学んでみませんか?

●10月コース開催日
2017年10月8日

●ところ:川崎幸病院(JR川崎駅より徒歩約10分)

●受講料:10000円(ライセンス発行込)

※ライセンスの更新を希望される方へ
 当団体で以前ライセンスを取得している場合は、受講料は8000円となります。

●持ち物:
  ①筆記用具
  ②受講料
  ③BLSヘルスケアプロバイダー受講者マニュアルAHAガイドライン2015遵守
 (当コース会場でも4200円にて購入可能ですが、数に限りがございますのでご注意ください)
  ④ポケットマスク

 定員:6名予定
 ご応募締め切り:定員になり次第あるいは開催日近日となりましたら

その他詳細は各種申し込みをご覧ください。

(kangarookids2525@yahoo.co.jpへお申し込みメール送信後、一週間以上返信がない場合は、お手数ではありますが再度ご連絡いただくか、kangaroobls2014@gmail.comまでご連絡ください。)

2017年8月13日日曜日

8月の定期開催コース

じっとりと暑い、八月十三日。
今日は一般市民の方が2名、医療系学生さんが2名、看護師さんが3名受講されました。

ダブルピースをする本日の司会者

講義は真面目です!

チームに分かれて、手技を学びます。



意識の確認。「大丈夫ですか!?」

胸骨圧迫では、胸骨の位置なども確認します。

胸骨圧迫開始!


今度はポケットマスク。


胸が上がるよう、1秒間ふきこみ。
胸骨圧迫の中断は最小の時間を目指して。


AEDについて。



BVMについて。

次にチームダイナミクスについて。
医療チームとして動き、反省点を振り返り、
実際の手技に活かしていきます。

乳児のCPRも学びます。






さて、筆記試験を終わり、結果は……。

全員合格でした!
(写真の彼女は満点でした!)

チーム医療という概念にスポットを当てたG2015の新しい講義は、実際に傷病者を助けるために必要な知識です。何かあった時に必ず役に立ちます。
しかし、とても難しいです。
難しい講義にチャレンジし、皆さん無事に合格できたことは、本当に素晴らしいことです。

皆さん、本当にお疲れ様でした!